ぽんさんの毎日販促を考える!

100個の販促事例を目標に毎日記事を書くことを目指します!

Vol.68 大人気となったのはなぜ?ブラックサンダーほうじ茶ラテ

こんにちは、ぽんです。

 

昔食べていた駄菓子を見ると懐かしいですよね。

たまに食べたくなります。

 

コンビニで懐かしいあの商品にほうじ茶ラテ味が出ていました。

f:id:pon-m:20190918002639j:plain

有楽製菓ブラックサンダーほうじ茶ラテ」

 

食べ応えがあるブラックサンダーが味を変えた商品を出したのは初めてではないでしょうか。

チョコレートとほうじ茶は合いそうですよね。

 

ブラックサンダーは1995年に販売が一度終了したのですが、現在ではヒット商品になっています。

 

その理由って知っていますか?

 

1995年の販売停止が決まるころ、九州の一部の地域ではかなり人気だったそうです。

その時にある営業マンが熱心に再生産を社内で直談判して、再度販売が開始されます。

その後、東京農工大学の学生協で販売されたことをきっかけに人気が高まります。

最後は、オリンピック体操選手である内村航平の好物がブラックサンダーであるとの報道をきっかけに爆発的に人気がでたため、今のブラックサンダー人気があると言われています。

 

ブラックサンダーはある営業マンの熱意があったからこそ今があるんですね。

商品に熱い思いを持って売ることで人気が出ることがあるんですね。

 

どんな商品にもそれぞれ魅力があります。

その魅力をしっかりと伝えることで売れる商品を作る。

商品販売では大切なことですね。

 

有楽製菓ブラックサンダーほうじ茶ラテ」

https://www.yurakuseika.co.jp/lineup/product_56.html